金管楽器の表面仕上げ

楽器メーカー様向け

会社概要

クライアントはヨーロッパに拠点を置くマウスピースと金管楽器のメーカーです。 真鍮に金メッキや銀メッキを施した高価なマウスピースを専門としている。 この組織は、製品の品質を向上させる技術を常に追求し、欠陥のない完璧なマウスピースを提供するための課題を克服している。

問題

GPAINNOVAのソリューションを採用する前、お客様は手動ワークステーションでブラシ、フェルト、研磨剤を使って手作業で研磨を行っていました。 資源を著しく必要とする上に、こうした手順はコスト効率が悪く、不良部品の発生率も高いため、最終製品の品質不足につながった。

手作業による研磨は、ブラシ、フェルト、研磨ペーストを使用する研磨方法であるため、ロット間で仕上がりにばらつきが生じ、ピースが変形する危険性が高く、形状やサイズの変化につながった。 さらに、高い人件費がかかり、研磨にかなりの時間を要した。

ゴール

同社は金管楽器の生産性と品質の向上を目指していた。 顧客は、より高い品質と長寿命を実現するために作品を磨く必要があった。 研磨の目標は鏡面仕上げを達成することだった。 一部のマウスピースにはレーザー彫刻が施されているため、表面仕上げの工程では、オリジナルのデザインをそのまま残す必要があった。

解決策

複数のテストを実施した結果、GPAINNOVAは技術的な表面仕様を満たすと同時に、最小の総工程時間とコストを達成することに成功した。 これらの仕様には、マウスピース外面の光沢研磨、オリジナル形状の維持、レーザー刻印された文字や記号の保存、銀メッキや金メッキの品質向上などが含まれる。

革新的なDLyteソリューションのおかげで、この顧客は、手作業でバフ研磨を行い、1個あたり10分の研磨時間を要していた従来の工程を、わずか10分で40個の部品を処理できる新しい方法に置き換えることができた。 言い換えれば、DLyteのシステムは従来のものより40倍速く、効率的なのだ。

17_procés

増産について、以前と現在の1個あたりのコスト比較について、あるいはDLyteが貴社のビジネスをどのように後押しできるかについて、ご興味はありませんか? 今すぐ無料ケーススタディをダウンロード!

    17_Brass instruments

    技術的な利点

    01. ジオメトリと公差を保持し、ピース全体で均質な結果を得ることができます
    02. クラス最高の表面粗さ(Ra0.1μm以下)
    03. 電解液の寿命内で、異なるロット間で安定した結果
    04. 処理部品の長寿命化
    05. ロゴ、名称、標識の保存

    営業上の利点

    01. フットプリントの削減
    02. 時間とコストの削減
    03. プロセスおよびメンテナンス中の作業員の被ばく
    04. メディアの取り扱いと保管
    05. 多段階の工程が不要
    06. 簡単なゴミ処理

      あなたのビジネスを強化する準備はできていますか? 私たちの機械、技術、パートナーシップによる理想的なソリューションについては、お問い合わせください。