ハンドルナイフの研磨

調理器具業界向け

会社概要

クライアントは、高品質な調理器具、テーブルトップ、家電製品を製造するフランスのメーカーで、世界中のキッチン向けにプロ仕様の製品を提供しています。 ほぼ2世紀にわたる経験を持つ同社は、すべての製品において最高の品質、耐久性、信頼性を実現するために職人技を注いできた。 この組織は、付加価値である内蔵ハンドルでナイフを磨く。 製造工程では、ハンドルと金属部品の両方が同時に製造されるため、効率と利便性が向上する。

問題

伝統的なナイフの研磨には、いくつかの課題がある。 まず、非常に時間のかかるプロセスである。 ナイフのさまざまな部分で一貫した均一な質感と品質を実現するのは難しく、手の届きにくい場所では手作業による研磨が問題となり、その結果、仕上がりにばらつきが生じる。 さらに、ポリッシュの最終的な品質は、個々のポリッシャーの技量と密接に結びついており、最終製品にばらつきが生じる。 さらに、従来の研磨方法は高価で、多大な資源を必要とするため、コスト効率が悪い。 最後に、これらの手順はオペレーターを騒音、粉塵、有毒な労働環境にさらすことになり、従来のアプローチをさらに複雑なものにしている。

GPAINNOVAの電解研磨システム「ドライサスペンション」を採用する以前、このお客様は手動ワークステーションで研磨ディスクや研磨テープを使って手作業で研磨を行っていました。 この伝統的なアプローチは、多大なリソースを必要とし、労働集約的であったため、コスト効率が悪かった。 さらに、オペレーターは手作業による研磨作業中、騒音や粉塵、有害な労働環境にさらされていた。 しかし、GPAINNOVAのドライサスペンション電解研磨システムを採用することで、これらの課題に効果的に対処し、より効率的で環境に優しいソリューションを提供することができました。

ゴール

顧客は、製造コストを削減しながら、ナイフの生産性と品質を向上させることを目指していた。 クライアントは、より高い品質とナイフの長寿命を実現するために、作品を磨く必要があった。 研磨の目標は、鏡面仕上げを達成することだった。 すべてのナイフにレーザー彫刻が施されているため、オリジナルのデザインを維持することが不可欠だった。

解決策

GPAINNOVAは、工程時間とコストの両方を最小限に抑えながら、金属表面の望ましい技術仕様を達成することに成功しました。 これらの仕様には、元の形状を保ちながらナイフの表面を高光沢に磨き上げること、レーザー彫刻で文字やサインを刻むこと、ロゴを刻印すること、切り欠きを入れることなどが含まれる。

DLyteのソリューションにより、同社は資源と時間を節約できる。 実際、複数の手作業による研磨ステーションを必要とする従来の工程に取って代わるものである。 処理時間は40分、ホルダーの出し入れに4分かかると推定されるため、合計処理時間は48個バッチあたり44分となる。 1シフト(8時間)で1日の生産量は523本、1年の稼働日を250日とすると、年間生産量は130,750本に達する。

18_procés

増産について、以前と現在の1個あたりのコスト比較について、あるいはDLyteが貴社のビジネスをどのように後押しできるかについて、ご興味はありませんか? 今すぐ無料ケーススタディをダウンロード!

    18_handle knives
    dl-sc-dlyte-pro500

    技術的な利点

    01. ジオメトリと公差を保持し、ピース全体で均質な結果を得ることができます
    02. 電解液の寿命内で、異なるロット間で安定した結果
    03. 処理部品の長寿命化
    04. ロゴ、名称、標識の保存
    05. ハンドルはそのまま

    営業上の利点

    01. フットプリントの削減
    02. 時間とコストの削減
    03. プロセスおよびメンテナンス中の作業員の被ばく
    04. メディアの取り扱いと保管
    05. 多段階の工程が不要
    06. 簡単なゴミ処理

      あなたのビジネスを強化する準備はできていますか? 私たちの機械、技術、パートナーシップによる理想的なソリューションについては、お問い合わせください。