ヘルスケア用途における表面仕上げの破壊的ソリューションとしてのDlyte

2月 20 , 2020

医療上の必要性から、身体のさまざまな部位にインプラントを埋め込むことに焦点を当てた産業全体が存在する。 オステオシンセシスインプラントは、骨折した骨を修復したり、既存の病状を緩和するために使用される。 歯から椎骨、肩関節、骨盤に至るまで、多くのインプラントが改良されてきた。 正しいインプラントをすることの重要性は、体の一部を模した金属片を作ることにとどまらない。 今日の技術者たちは、これらのインプラントをより優れたものにし、より機能的にし、寿命を延ばすために絶えず研究している。 例えば、長持ちする結果を改善するために、最近の研究では、インプラントの表面の質を向上させることが、インプラントの機能性と寿命を向上させることが示されている。

 

最近のインプラントの限界

技術の進歩により、骨接合用インプラントの設計と製造が大きく進歩したとはいえ、インプラントはいくつかの要因によって故障したり、患者に損傷を与えたりする可能性があるため、まだ改善の余地がある。 インプラントは、体内の動きの性質、体内の体液、機能性の機械的ストレスのために、フレッティング腐食に悩まされる傾向がある。 インプラントの性能は、疲労強度や引張強度に影響するため、研磨や仕上げの工程にも影響される。

さまざまなインプラントの製造における深刻な事態は、手作業を伴うことさえある、多種多様な後処理工程にある。 患者がインプラントを使用する場合、インプラントは患者に新たなリスクを与えないように製造されなければならない。 いくつかのパーツは、わずかに丸みをつけてきれいにする必要がある。 中には集中的な処理が必要なものもあるので、正しく機能させるためには磨かなければならない。 インプラントの製造が不適切であったり、表面品質を考慮せずに製造された場合、腐食や早期破壊を引き起こし、結果的に拒絶反応を引き起こす可能性がある。 この場合、腐食によって金属が患者さんの血液中に入り、血液中毒を引き起こしているのです。

インプラントを大規模に仕上げる典型的なプロセスは、ロボット化されたベルト研磨や砥粒研磨のような化学的-機械的プロセスに基づいている。 これらのタイプの加工は、一般的な研磨剤に対して、ピースに摩擦を発生させる。 これは通常、水と溶剤を使って作品を洗浄する。 乾式研磨を含む他の手順もありますが、この他のタイプの研磨は、主に円形バイブレーターを指します。 一般的には、インプラントのエッジを丸くし、表面を研磨するために使用される。 これらのプロセスは、エラーが発生しやすいという問題がある。 特定のサクセス・スケールを認定するのは難しい。 現在の工程は信頼性が十分ではなく、望ましい仕上げを実現するためには手作業による手直しが必要で、製造は不良部品の廃棄も意味する。 さらに、この装置は、金属で汚染された水や汚泥を処理するために、特定のメンテナンスを必要とする高価な周辺機器を追加で必要とし、当社の環境に悪影響を及ぼします。

 

しかし、DLyteは何が違うのか?

インプラントの最大の課題のひとつは、インプラントの表面を加工・研磨し、最良の製造工程を保証する適切な機械がないことだった。 DLyteシリーズは、金属合金の表面仕上げのためのDrylyte技術に基づいた特許取得済みの新しい機械です。 これらの機械は、金属部品の後工程の自動化、簡素化、標準化に焦点を当てた新システムを備えている。 DLyteの包括的な応用範囲には、高精度部品や審美部品の研削、バリ取り、表面平滑化、高光沢研磨が含まれます。 乾式電解研磨システムを使用することで、金属部品から材料の薄い層を選択的に除去し、光沢、滑らかさ、超清浄表面を達成することができる効率的なプロセスで構成されます。

 

DLyteは、壊れやすい部品や複雑な形状の部品の研磨とバリ取りが可能です。 このプロセスは電流を使用し、耐食性を向上させることを目的としている。 使用されるメディアは柔らかく研磨性のない素材で、部品のエッジを傷つけたり丸めたりすることはない。 DLyteは、コバルトクロム、ステンレス鋼、チタン、ニチノールの医療機器を乾式電解研磨することができます。

続きを読む…

    あなたのビジネスを強化する準備はできていますか? 私たちの機械、技術、パートナーシップによる理想的なソリューションについては、お問い合わせください。