GPAINNOVA、最新の電解研磨液「ドライサスペンション電解液」を発売

3月 15 , 2022

DLyteとMURUAのブランドで表面処理技術をリードするGPAINNOVAは、ドライサスペンションに基づく最新の金属処理ソリューションを発表した。 これはポリマー粒子とモデレーター液体を組み合わせた新しい電解液で、特に従来の乾式電解研磨プロセスの結果を改善するように設計されている。

 

ドライ・サスペンションの利点

乾式懸濁液は、従来の電解研磨に関連するいくつかの制限を克服している。 リキッドの主な利点は以下の通り:

  1. 粒子の輸送(粒状から流体挙動へ)を促進し、キャビティ内をよりよく流れるため、複雑な形状のピースでよりよい結果を得ることができる。
  2. 潤滑剤として、金属処理プロセス中に部品の表面を保護し、酸素が金属表面に影響を与えるのを防ぎます。
  3. 消耗品の温度管理を改善し、より安定した結果を提供します。
  4. 水や空気を入れるなどのメンテナンスは一切不要

 

ドライサスペンション電解液とは?

新しい乾式懸濁電解液は、以下のような工程に適しています:

  • 乾式電解液を使用した場合よりも、より正確な表面仕上げが可能
  • 粒子が金属表面に付着するのを防ぎ、孔食を防ぐ
  • オクルーデッドエリアへのアクセス

要約すると、メディアの3つの異なる状態、その特徴と応用方法を強調する価値がある:

 

ドライサスペンション電解液の働き

乾式懸濁電解液は、固体粒子間に存在する空気を非導電性の液体で置換することにより、プロセス中に空気中に存在する酸素による酸化から金属表面を保護するために開発された。 イオン移動は固体粒子によって行われ、液体は流体となる媒体の挙動を修正し、部品の表面を保護する。 乾式プロセスで起こるように、乾式懸濁電解液は、良好な結果を得るために異なる処方とプロセスのパラメータを必要とする。

この新しい電解液は、01MSAゲル粒子と二相混合液との混合物である。 この混合物は親水性物質と疎水性物質を含み、界面活性剤と接線応力の助けによってエマルション状の相を作る。 この電気絶縁体エマルジョンは、粒子と金属表面との間に水和結合を形成し、より高い電流密度とプロセスの優れた制御を可能にする。 その化学的性質により、この電解液は、より均質な表面、一般的な腐食欠陥の存在を回避する滑らかな最終結果を得るように設計されています。

初期粗さ、加工物の形状、形状、サイズが、必要な動き、パラメーター、メディアに影響し、加工物全体の均質性を達成するために、表面を通るメディアと電気の最適な流れを可能にすることで、良い結果を得ることができる。

新しいドライサスペンション電解液の詳細、または無料デモへの参加については、GPAINNOVAまでお問い合わせください。

 

詳細はこちら:

GPAINNOVA

C/ Maracaibo, 1, sheds 2-6. 08030 Barcelona

電話: (+34) 931 256 536

info@gpainnova.com

www.gpainnova.com

www.dlyte.com

    あなたのビジネスを強化する準備はできていますか? 私たちの機械、技術、パートナーシップによる理想的なソリューションについては、お問い合わせください。