最も精密で強力な
と多彩な表面加工が可能です。
市販の機器

DLyte PRO500は 金属表面の仕上げを 優れたスピードと効率で実現します。

既存の技術に比べ、最大で10倍の処理時間を実現することができます。

PRO500は、2軸、4軸、8軸のペリメータースピンドルを搭載し、1つのホルダーで1個または複数のワークを扱うことができるため、大量のワークを扱う場合でも、容量と性能を向上させることができます。

01.

ハードウェアの特徴

堅牢・高精度・高信頼の機械システム
堅牢・高精度・高信頼の機械システム

最高のパフォーマンスを発揮するには、動きと振動を正確にブレンドすることが必要です。 当社の技術は、主軸回転、副軸回転、垂直移動にコア振動とベース振動を組み合わせ、電解質粒子との摩擦を低減させるものです。 メディアの流れを最適化するために、独立した可変速とホルダーの双方向回転を採用しています。 動きと振動の絶妙なコンビネーションが、パフォーマンスと結果を最大化します。

革新的でパワフルなエレクトロニクス
革新的でパワフルなエレクトロニクス

最新のSICパルサー技術を駆使した革新的なパワーエレクトロニクスシステムにより、比類なき再現性と高出力を実現します。 光ファイバーで同期した8台の独立した高周波整流器により、最大360A、35KWの電力を供給することが可能です。 この高度なシステムにより、より良い表面仕上げ、より均質な結果、より短いサイクルタイムを保証します。 当社のエレクトロニクスは信頼性を重視して設計されており、安定した正確な電力供給を実現します。

適応型独立陰極
適応型独立陰極

私たちのシステムは、特定の研磨要件に応じて、周辺部と劣位部のカソードを独立して活性化するように設計されています。 形状に応じて電流の流れを変えることで、より精度の高い、より均質な仕上がりを実現しています。 この機能は、他のソリューションと比較して、圧倒的な汎用性を持っています。 また、電流の流れを最適化することで、最高の精度で優れた仕上がりを実現します。

02.

操作性の良さ

クイックプラグ&リリースホルダーカップリングシステム
クイックプラグ&リリースホルダーカップリングシステム

ホルダー固定方式は、陽圧固定と空気圧接続による自動ロック方式を採用し、装填・取出し時間の短縮と使い勝手の向上を図っています。 また、機械に内蔵された振動システムにより、作品に強い振動を与えるとともに、ホルダーの重量を大幅に軽減しています。

効率的な処理を実現するカスタムプログラム
効率的な処理を実現するカスタムプログラム

簡単な操作、高度な自動化、インテリジェントなソフトウェアを組み合わせたシステムで、優れた仕上がりを実現します。 導電率と温度制御に基づくリアルタイムのパラメータ最適化により、電解液の品質を維持し、寿命を延ばすことで、サイクル間で一貫した再現性のある性能を実現します。

内部部品のメンテナンスが容易
内部部品のメンテナンスが容易

フレームやパネルから内部の部品にアクセスできるようにすることで、メンテナンスと操作を容易にするよう設計されています。 8つのパワーユニットは側面に配置され、強制冷却機能を備え、コントロールユニットはパワーユニットと分離して後部に配置されています。

作業中の安全を確保する
作業中の安全を確保する

生産工程で起こりうる危険を警告するライトタワーを装備。 また、マグネットセーフティゲートシステムにより、セーフガードの不用意な開放を防ぎます。 最後に、ライトバリアは、特に手作業が必要な各サイクルにおいて、オペレーターの手と体を保護するものです。

さまざまな素材に対応できるよう設計されている
さまざまな素材に対応できるよう設計されている

DLyte PRO500は、低周波から高周波、パラメータ連結、非対称電圧に至るまで、あらゆる電気パラメータを実現します。

単品および複数ワークのホルダー
単品および複数ワークのホルダー

当社のワークピース用ホルダーとフィクスチャーは、それぞれのワークピース特有の形状や仕上げの要求に対して最適な結果が得られるように設計されています。 汎用性の高いホールディングシステムは、さまざまな用途で最大限の能力を発揮できるため、各分野の企業にとって理想的なソリューションとなります。

インダストリー4.0に対応したコネクテッドソリューション
インダストリー4.0に対応したコネクテッドソリューション

DLyte PRO500は、DLyte HUBにシームレスに接続し、高品質な仕上げに必要なすべてのサービスにアクセスすることができます。 これにより、ユーザーはプロセスの監視、リアルタイムのシステム状態の更新の受信、メンテナンススケジュールの追跡、表面仕上げプログラムのダウンロードと更新を行うことができます。

03.

オートメーション化されたセルの特徴

DLyte Automated Cellは、表面処理工程の完全自動化を目指す産業界に最適なソリューションです。 完全自動化されたワークピースのハンドリングにより、当社の表面処理プロセスを最適化し、システムが長時間自律的に動作することで、ロードとアンロードの時間を短縮することができます。

自動化セルでは、お客様のご要望に応じて、DLyte PRO500を1台または2台使用することができ、表面仕上げの柔軟性を提供します。 さらに、洗浄、すすぎ、乾燥など複数の工程を統合することで、より合理的なワークフローを実現します。

異なる電解研磨と洗浄のステップを組み合わせた2ステップのプロセスが可能です。 64個のホルダーで高い生産性を実現し、スマートなコントロールパネルで簡単に自動化することができます。 また、ダブルグリッパーや分離型ロボットのワークフローなど、効率性を追求したシステムとなっています。

コントロールパネル
コントロールパネル

セルとPRO500のすべての機能を処理エリアの外で制御することができます。 セルには完全なローディングマネージャーがあり、オペレーターはバッチ、列、仕上げレシピに基づいて自動化サイクルを設定することができます。 また、オペレーターはPRO500のインターフェースにアクセスし、直接操作することも可能です。

ローディング&アンロードステーション
ローディング&アンロードステーション

最大64枚のホルダーを収納できるよう、スクエア型に設計されたスチール構造が特徴です。 ベッドプレートの上でピボットし、1/4ラウンドごとに停止して、ロボットがホルダー列で作業できるようにすることができます。 ロボットが片側で作業した後、オペレーターは反対側で同時に荷物の積み下ろしを行うことができ、効率的なワークフローを実現します。

ワークフローの説明
ワークフローの説明

先端にダブルグリッパーを搭載し、2つのホルダーを同時に保持するロボットに関与している。 ホルダーを二重にすることで、未研磨のホルダーを機械にセットし、研磨したホルダーを取り出し、カルーセルにセットするという一連の作業をロボットが行うことができます。 この工程は、研磨工程全体のスピードアップにつながり、効率を上げることができます。

レイアウトとガード
レイアウトとガード

前面のオープンフェンスは、セーフティライトカーテンで保護されています。 背面側にはヒンジドアがあり、メンテナンス時のみアクセス可能なパーマネントロック式です。 さらに、フロントエリアに設置されたポールには、フロアスキャナーとレーザースキャナーを搭載し、オペレーターがそのエリアにアクセスすると自動的に研磨工程を停止するようになっています。

04.

仕様

テクニカルデータ
容量(1回あたり) 最大作業領域 750 Ø x 330 mm。
外形寸法図 1300×1300×2480mm
電解質容量 260 L
重量 2000 Kg
消費電力 35kW
電源 380 - 400 Vac - 三相性(3P + N +GND)
周波数 50 - 60 Hz
メインエア供給圧力 6 - 7 bar (エアコネクター Ø 10 mm)
メインエア供給圧力(最小エア流量) 1000 L/min
ホルダーのエア供給圧力 6 - 7 bar (エアコネクター Ø 12 mm)
ホルダエア供給圧力(最小エア流量) 1500 L/分
水タンク容量 16 L
水タンクコネクター 接続部(Ø10mm)
アシッドタンク 6,5 L
排気ガス管 Ø 125 mm
排気ガス(最高温度) 60ºC
技術図
dlyte-pro500-frontal
dlyte-pro500-back
dlyte-pro500-capacity

DLyte PRO500シリーズは、自動車、航空宇宙、工具製造医療など、主要な製造業界の広範な要件を満たすように設計されています。

PRO500シリーズ

DLyte PRO500は 金属表面の仕上げを 優れたスピードと効率で実現します。 既存の技術に比べ、最大で10倍の処理時間を実現することができます。

PRO500 インストール

DLyte PRO500シリーズは、モジュール設置の柔軟性を提供し、異なるモジュール組み合わせにより、意欲的な産業の表面仕上げの多様な段階に対応することができます。

    最良の取引をお探しですか? 以下のフォームにご記入の上、お見積もりをご依頼ください!

      あなたのビジネスを強化する準備はできていますか? 私たちの機械、技術、パートナーシップによる理想的なソリューションについては、お問い合わせください。